遠藤製餡のこだわり

オーガニック

ゼロカロリースイーツ

オーガニック ゼロカロリースイーツ

最良の小豆は最高の土壌でしか育たない


オーガニック農産物が育つ良質な農地は、国によって厳しい条件や規格に基づいて管理されています。日本の場合、オーガニック農作物は「たい肥等による土づくりを行った農地において、播種または植付け前2年以上の間(多年作物にあたっては、最初の収穫前3年 以上)に生産された農産物」でなければなりません。 また、同じ土壌で同じ作物だけを生産し続けていると、その土壌は劣化してしまいます。そこでいろいろな種類の作物を順番を決めて繰り返し植える「輪作」を行う必要があります。
理想の小豆を育てることだけでなく、オーガニックである為の栽培サイクルや土壌における生態系の配慮も重要として、これに努めています。






改正JAS法ロゴ2000年には「改正JAS法」施行に伴い、有機食品の認定制度がスタートいたしました。ENDOはその厳重な監査を受け、業界でいち早く認定を受けることが出来ました。オーガニック農業とは本来、国土を保全し、環境を守り、人の安らぎを守るためのものであるとENDOは考えます。日本および世界のオーガニック基準に則り、厳しく管理された土壌における育成、栽培の過程を経て、お客様の食卓に”安心で安全、健やかでおいしい”を形にした商品をお届けできるよう、これからも尽力いたします。

世界から皆様の食卓へ。各国の厳しい基準による”安心のENDOオーガニックあずき”

農業大国でありオーガニック先進国であるアメリカでは、数多くの機関の厳しい認証基準により、農地や商品の生産・流通が徹底して管理されています。このような海外有数の先端基準に則ったオーガニックあずきは、まさに”世界のお墨付き”と言えます。
日本の厳しいJAS認定に向けて、中国では環境庁管轄下のOFDC、農業部管轄下のグリーンフーズがオーガニックの生産活動を現在、進めています。このような日本の目が十分、届く体制に向けてENDOのあずきは栽培されています。
アルゼンチンは輸出用を中心にオーガニック商品の生産が増加している国のひとつ。1999年にはオーガニック認証に関する法律も制定され、今後の農業活動に注目が集まっています。このような厳しい環境下でENDOのオー ガニックあずきは栽培されています。
オーストラリアではNASAA、BFAなどの機関による認証のもと、環境保全も含めた厳しい基準に則って、ENDOのオーガニックあずきが栽培されています。
オーガニックの農地では、異なった種類の作物を年間にわたり育てていく「輪作」が望ましいのですが、ある期間、農地が牧草地になることもあります。オーガニック農地で育った自然のままの牧草を牛が食べる。その乳が"オーガニックミルク"になる。まさに自然のサイクルから生まれる大地の恵みと言えます。
化学肥料や農薬を使った農法から、オーガニック農法に切り替えようとしたら、数年間はまともな収穫が見込めないことを覚悟しなくてはなりません。認証機関の定める規格によって、しばらくは作物が生産できないということがあるからです。たとえ再び生産が始まっても化学農法の時代よりも収穫量が減るのは必至です。また、農地や作物の管理に手間がかかる上に、病気が発生しても、基準上、薬品を投与できませんから収穫が少なくなってしまうのです。オーガニック農法に切り替えること、続けていくことは"大きなリスクとの戦い"でもあるのです。因みにENDOの場合は、最初からオーガニック農法が行われている農地だけを厳選した栽培法ですので、こうしたリスクへの心配はありません。
世界各国のオーガニック機関の認証基準やオーガニック関連法案の制定に、大きな影響を与える組織。それがIFOAM(アイフォーム・国際有機農業運動連盟)です。1974年に設立され、現在はドイツに本部を置く国際NGO団体です。世界100以上の国の、およそ740を超えるオーガニック認証組織、農家、研究者などのグループが参加し、2年に1度の総会では基準の改定や研究報告などが行われています。IFOAMが策定するオーガニックの基礎基準や認定プログラムは世界中の国や認証組織に向けて発信され、それがグローバル・スタンダードになっています。

ゼロカロリーデザートシリーズ

0カロリー奇しくも世の中は「ヘルシー」「ダイエット」「メタボ(メタボリック)」「食事制限」などのワードが流布する時代に突入していました。もともと”和菓子=ヘルシー”という部分に於いては既に周知の事実となっておりましたが、『ならばいっそ究極の”ヘルシー”をつくれないだろうか…』という想いから生まれたのがこのゼロカロリーデザートシリーズです。 そもそも、どんな食品にもカロリーは絶対的に含まれることが必然の前提としてある中、紆余曲折を経て試案から3年の歳月をかけてようやっと完成いたしました。
ゼロカロリーしっとりようかん発売前はダイエット層をメインターゲットとして想定しておりましたが、販売開始後には持病に糖尿病をお持ちの方や管理栄養士さんなど当初予測していなかったお客様層からのお引き合いを多々いただく結果となりました。事実、『0カロリーしっとりようかんこし』について食前食後の血糖値の被験データを取ったところ、ほとんどの方で「血糖値の上昇がない」結果となったこともあり、”今までにないニーズに応えられる商品”の開発販売に成功したとも過言ではないと考えております。
ゼロカロリー臨床試験結果報告書
あずきそして何より嬉しかったのが、そういった方々からこの商品を世に出したことによる感謝のお手紙やお電話を多くいただけたことです。「そこに必ず(この商品を)愉しみに待っていてくれるお客様がいる」。これを励みにこれからも新たな商品を生み出すべく精進してまいります。